2009年3月24日火曜日

言葉足らずと石頭

職場の伝達が言葉足らずで、ちゃんと事前に知っていれば仕出かすことのなかった失敗をする、ということが度々ある。

仕事や作業の説明の時に、仕事を振り分ける側の人間が、「一回で覚えろ」「常識的に」「常識で考えれば分かる」などと言うと、その後下で作業を行う側が、自らの「常識」で考えて、迷った時にも上の指示を仰ぐことなく、自己判断で、勝手に作業を進めていくことになり、結果、そのようなミスが起きがちだ。
それでいい仕事もあるけれど、そうでない仕事もある。前者なのか後者なのか、指示を受けて作業をする側がそれを区別できていない場面に、私はしょっちゅう遭遇する。

作業をする側は、指示を出す人に、しつこく同じことを聞いて嫌われたり、頭が悪いと思われるのが怖くて、迷った時に「尋ねる」という基本的な行動を見落として、「常識的」に考えて暴走しはじめる。
そういった行動は特に、恥をかきたくない「仕事デキます」風を装おうとする人に、よく見受けられる。

実際、「常識」の感覚は各々違う。
色んな大勢の人を動かす時は、「常識的に」「常識で考えれば分かる」などと、繰り返し説明する手間を省いてはならない、と私は思っている。
また、一回言えば十を理解できるような賢い人間であれと、他人に期待するようなアサハカさも、結局はただの怠慢だ。

だから、酔っ払いの繰り言のように、同じ話を何度も根気強く説明するのが、私は得意だ。
更に、元々賢いこともないので、同じ質問を何度も繰り返し、自分が分かるまで尋ねる図々しい性分も、今日の私の手助けになっている。

しかしそうであっても、頑固者を相手にする時は本当に困る。
最初に覚えたことが全てで、その後の変更の融通が効かない。
そういう相手に説明をしようとすると、そいつは指示を出す側の者でもないくせに、自分が最初に覚えたことの正しさを、こちらに押し付けてくる。
その上、そういう輩こそが「仕事デキます」風を装おうとする。
更にそういう輩が、「どうせ私たちバイトなんだから、適当でいいのよ」と言うのを聞くと、私もバイトだが、この輩の言う「バイト」とは、一線を画したい気持ちになる。

…あんたはモチベーションから狂っている。このバイトの給料がどこから出てきた金のなのかを考えて、それを承知して面接に行ったアルバイトだと思えば、「バイトだから適当でいい」とか思うのは、人に背く行為、と私は思う者だ。だからこそ、私はこの目の前の作業に没頭したいのだ。何故、今大事なことが何なのか、その要点が理解できないの。あゝ、今のあなたの姿をそのまま映して見せられる、鏡があれば…!

と、心で叫ぶ私だった。
もちろん、石頭相手では争いも無益なので、口に出すことは無い。

世の中、本当に色んな人がいる。
人間、「聴く耳を持たない」というのは、ある意味最強ではあるが、真実は不幸なのだと、私は思う。
そういう人の話す言葉には、こちらも生返事で対応していくよりない。

0 件のコメント: